ポイ活・節約

食品ロス削減ECアプリLet(レット)の評判や口コミ、安全性など

引用 Let

 

 

 

Let(レット)とは?:食品ロス削減のECアプリ

会員数 450万人以上
参考:PR Times
アプリの有無 Android・iOS共にあり
退会できるのか? いつでも退会可能
年齢制限 不明
登録料・利用料 無料
運営会社 株式会社レット

※2022年5月現在

 

Let(レット)は、余った在庫、型落ち品、使わなかった新古品、処分したい中古品など「訳あり品」を、定価よりも少し安く購入することができるアプリです。

 

「訳あり商品」を処分するのではなく定価より安く売ることでフードロス削減をするということも目的にしているアプリだそうです。

 

※参考:食品ロスの現状について(農林水産省)

 

 

この項目ではそんなLet(レット)の概要について見ていきたいと思います。

 

 

最近は「ものすごい安い」わけではない......

 

 

Let(レット)アプリは元々事業者のみが出品可能でして、そんな事業者が「訳あり商品」を少し安く販売してくれていました。

 

しかし最近は個人も販売することができるようになり、そもそも「訳あり」でない正規の商品を普通に売っているケースも散見されます。

 

とはいえそれはそれで「食品バージョンのフリマアプリ」と考えれば別に使い勝手は悪くないですね!

 

0円の商品もある!抽選に参加してみよう!

引用 Let

 

 

Let(レット)アプリでは時々、「0円商品の抽選」が行われていることがあります。例えば筆者が見たときには、上の画像のようにいろはすが20名様への抽選として出されていました。

 

筆者が見る限り基本的に「毎日20名様に何らかの商品が当たる!」という設計になっているようです。抽選アプリとしても使えそうですね!

 

 

元々は「タイムバンク」だった

引用 メタップス

 

安全性の解説欄にて詳しく説明しますが、Let(レット)アプリの運営会社は株式会社Letです。ただ、これ、社名変更されています。

 

元々は株式会社タイムバンクでした。知っている人は知っているかもしれませんが、このLet(レット)アプリ、元々はタイムバンクというアプリだったのです。

 

タイムバンクは、技術者、経営者、アスリート、歌手等、「専門家」と呼ばれる方々の空いている時間を、一般の「ユーザー」が購入、活用、売却、保有する事ができる時間の取引所です。

 

タイムバンクにおいて専門家は自分の時間を販売することができ、ユーザーは主に以下の4つのことが実現可能です。

1)時間を買う:興味のある専門家が発行(販売)する時間を購入できます。
2)時間を使う:条件を満たすとリワードとして時間を利用することができます。
3)時間を売る:買ったけど使わない時間は欲しい人に売ることができます。
4)時間を持つ:専門家を応援したい場合は時間を持ち続けることができます。

 

 

このサービス、どうやらビジネス的にはうまくいかなかったようで、結果的に現在の形となりました。

 

Let(レット)の紹介コード・招待コードは?【友達紹介】

 

Let(レット)には友達紹介制度があります。アプリ会員登録後、アプリホーム画面->マイページ->紹介コード にて紹介コードを入力すると100ポイントをゲットできます。

 

ちなみに筆者の紹介コードはEP8SfKです。是非お使いください。

 

ちなみに紹介コードの入力はアプリ上での会員登録「後」にしか行うことができません。また、会員登録後一定期間が過ぎると紹介コード入力欄が閉鎖されるようです。特典が欲しい方はお早めに!

歩くだけでポイントが貯まる無料のお小遣いアプリ
東証一部上場のGMOグループが運営する、クレジットカード作成やネットショッピングでポイントをゲットできるポイントサイトポイントタウンのスマホアプリには「ポ数計」という「歩数に応じてポイントを付与」する機能があります!


多種多様なサービスでポイントが貯まる!





交換先は30種類以上!







その他にも歩いてポイントが貯まるアプリを知りたい人は以下の記事を!




参考歩くだけでポイントアプリ25選!歩く副業!?【2022年版】

続きを見る

ビットコインを無料でゲットしたいなら以下の記事を!




参考ビットコイン等仮想通貨を無料配布しているアプリ・サイト一覧

続きを見る






歩数を裏技的に増やしたいならスマホスインガーを使おう!

-ポイ活・節約