ITパスポート 情報技術者試験 資格試験

ITパスポートの難易度・試験日・合格点・過去問・勉強時間等

ITパスポート試験とは? 引用はコチラ(公式)

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
具体的には、新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の概要に関する知識をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。
ITを正しく理解し、業務に効果的にITを利活用することのできる“IT力”が身につきます。 運営会社:※国家資格

難易度

★★☆☆☆(やや易しい)平均合格率54.9%(2019年度)。

勉強時間

180時間(STUDYingによる)

就職

新卒非IT系・・・IT化は時代の流れ故一定程度の評価は得られると思われる。
新卒IT系・・・実力を示す事にはならないが、新卒は「ポテンシャル採用」が多い中、ITへの興味関心の根拠の1つにはなるだろう。
転職非IT系・・・IT化は時代の流れ故一定程度の評価は得られると思われる。
転職IT系・・・あまり評価は得られないと思われる。最低でも1つ上の資格の基本情報技術者は欲しいところ。

 

基本情報

●試験級
ITパスポート試験のみ
※情報技術者試験の1種であり、「情報技術者試験」としての上位資格は存在


●実施日程

任意の日程(CBT試験)


●申込期間
受験希望日の3ヶ月前


●受験料
5,700円


●試験会場
日本全国(CBT方式)


●試験方法
CBTによる択一式


●試験時間
120分


●出題数
100問


●合格基準
総合評価点600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であること
総合評価点  600点以上/1,000点(総合評価の満点)
分野別評価点
ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)


●例題

過去問:コチラ(公式サイト)


●関連資格

情報技術者試験、中小企業診断士経営情報システム等

 

 

※掲載内容に誤りがある場合ツイッターの@sala_moneyまでご連絡を。確認の上修正致します。

歩くだけでポイントが貯まる無料のお小遣いアプリ
東証一部上場のGMOグループが運営する、クレジットカード作成やネットショッピングでポイントをゲットできるポイントサイトポイントタウンのスマホアプリには「ポ数計」という「歩数に応じてポイントを付与」する機能があります!


多種多様なサービスでポイントが貯まる!





交換先は30種類以上!


参考【年会費無料】ポイントタウン新規会員登録方法 入会キャンペーンも

続きを見る






その他にも歩いてポイントが貯まるアプリを知りたい人は以下の記事を!




参考歩いてお金を稼ぐスマホアプリ25選・歩く副業!?【2021年版】

続きを見る

ビットコインを無料でゲットしたいなら以下の記事を!




参考ビットコイン等仮想通貨を無料配布しているアプリ・サイト一覧

続きを見る






歩数を裏技的に増やしたいならスマホスインガーを使おう!

-ITパスポート, 情報技術者試験, 資格試験