Move to Earn Sweatcoin

Sweatcoin上場後の価値・価格を予想!仮想通貨SWEAT

 

M2E(move to earn)アプリ「Sweatcoin」に関連した仮想通貨「SWEAT」が上場するという情報があります。

今回は、Sweatの上場に関する情報から、うまく儲ける方法まで網羅的に解説していきます。

 

 

 

 

スウェットコイン : 万歩 計とうぉーきんぐあぷり

スウェットコイン : 万歩 計とうぉーきんぐあぷり

Sweatco Ltd無料posted withアプリーチ

 

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?

 

Sweatcoin(スウェットコイン)は、いわゆるMove to Earn(M2E)プロジェクトの一つです。

歩いた歩数に応じてSweatcoinというアプリ上のコインをゲットする事ができ、そのコインをAmazonギフト券などと交換する事ができます。

そしてこのSweatcoinにホットなニュースが!

なんと2022年9月12日に、SWEATという暗号資産(仮想通貨)が上場される事になったのです!

「ん?それってSweatcoinと何か関係あるの?」と思ったそこのあなた!まさに以下でそうした疑問への答えを提示していきますよ!

なお、Sweatcoinそのものに関する解説は以下の記事Sweatcoinアプリで仮想通貨ゲット!使い方・やり方を解説!をご覧ください。

参考Sweatcoinアプリで仮想通貨ゲット!使い方・やり方を解説!

続きを見る

 

2022年9月12日にSWEATの上場予定!

 

ここではSWEATの上場に関する説明及びそれに付随して開催されるイベントについて解説していきます。

その上で、そもそも仮想通貨の「上場」とは何なのか?どういったメリットがあるかなどについても解説します。

 

2022年9月12日に上場&トークン生成イベントが!

 

歩いた歩数などに応じて獲得できるアプリ上のコイン”Sweatcoin”とは別に、暗号資産(仮想通貨)のSWEATが2022年9月12日に上場される予定となっています。

そして注目点として、この上場(Launch)の際に、その時点までのSweatcoin保有残高に応じてトークンが生成され、1Sweatcoinごとに1SWEATを獲得できるというものがあります。

なお、このトーク生成イベントは、以下の公式Twitterで述べられている通り、この時一回切りであり、二度と起こらないそうです。

 

仮想通貨の「上場」とはどういうことか?解説!

 

暗号資産(仮想通貨)の上場とはすなわち、特定の仮想通貨取引所で大勢の人が自由にその通貨を売り買いする事ができるようになることを言います。

 

例えば代表的な仮想通貨のビットコインは、そのソースコードがオープンにされているため、誰でもそのコードを真似て自分の仮想通貨を作る事ができます。

しかし、仮想通貨は、作っただけでは金銭的な価値はゼロです。そこに価値を持たせる手段の一つが「上場」です。

その仮想通貨を「自由に売買できる」状態にする事で、買った後好きなタイミングで売る事ができる(可能性が高い)事が担保されるのです。

 

SWEAT上場後の価値・価格を大胆予想!価格変動要因についても解説

 

ここでは、上場後のSWEATの価値・価格を予想していきます。

その上で、価格変動要因についてもいくつか解説していきます。

 

アマギフとの交換レートからは【1SWEAT約0.7円】

 

現在Sweatcoinアプリ上では、5,000Sweatcoinを25ドル分のAmazonギフト券と交換できます。

つまり、1SWEATの価値は約0.005ドルであると考えられます。

そして、以下の通り、(執筆時点での)直近のドル円レートは1ドル131~137円のレンジで推移しています。

引用 SBI証券

 

よって、手数料などを除いた純粋なドル円交換レートで考えると1SWEATは0.685〜0.655円ということになります。

つまり1SWEATの理論上の価値・価格は約0.7円であるということになります。

 

しかしその一方、以下で示す通りSWEATの価格は大きく変動する事が予想されます。

 

 

「上場する」という事は「価格が変動し得る」という事

 

以上、Amazonギフト券との交換レートから上場後の1SWEATの価値・価格を予想しました。

しかし、暗号資産(仮想通貨)を「上場する」という事は、仮想通貨取引所で大勢の人にSWEATが売り買いされる事を意味します。

すなわち、その時々の需要と供給の関係によりSWEATの価値はリアルタイムで変動するということになります。

 

どこに上場するかによっても変わってくる

 

さらに、一口に上場といっても「どの取引所に上場するか」は重要です。

一般に、利用者が多い取引所に上場すると価格は安定しやすいと考えられます。

多くの人が売買する=市場に流れる通貨量が増える=市場全体の流通量に対する1売買の額が比較的小さくなる=大量保有者の売買の価格への影響力が比較的小さくなる ということです。

逆に利用者の少ない取引所の場合、流動性が担保されず激しい値動きになることもあります。

暗号資産とは異なりますが、日本国内においては、利用者の伸び悩みなどによりコメ先物が廃止されたことを覚えている人もいるかもしれません。

※参考:コメ先物が廃止へ 農水省、堂島商取の本上場認めず(日本経済新聞)

そして、現時点で筆者が調べた範囲では、SWEATはどの取引所に上場するかは不明です。

例えばBinanceなど、海外の仮想通貨取引所の中でもメジャーどころに上場すれば、取引所利用者多数につきSWEAT価格も安定してくるでしょう。

一方、名前も知らないような取引所に上場された場合、利用者が少ないことにより、一部の大量保有者の意向によって価格が大きく捻じ曲げられる可能性もあります。

筆者も公式Twitterなどで情報を注視していますので、ここら辺に関しては情報の更新をお待ちください。

 

(多くの)日本人にとってはドル円レートも影響

 

さらに、重要な点は、ドル円の為替レートの影響も考えられるという点です。

上場後のSWEATの貨幣との交換は、直接的にはドルとの交換になると考えられます。

そのため、普段日本国内で日本円を利用しているであろう当記事の読者の多くは、ドル円の為替レートの変動の影響も受けることになります。

2022年8月現在のドル円レートは、日米中央銀行の金融政策スタンスの違いなどによりここ数年の中では比較的「円安」に触れています。

これが揺り戻しで「円高」傾向になった場合、1ドル当たりの日本円の額が減少することにより、1SWEATの日本円換算の価値は下落することになります。

こういった価格変動の不安定性もあるのです。

 

Sweatcoin上場で儲けたいならガチホ&より一層の利用を!

 

上述した通り、色々な要素がありすぎるため正直SWEATの上場後の価格・価値を予想するのは難しいです。

とはいえ、何れにしてもSWEATで大きく儲けたいならガチホ(仮想通貨の「長期保有」のこと)&より一層のSweatcoinアプリの利用がオススメです。

ここではその理由について解説していきます。

理由1:短期売買はプロに勝ちにくい

 

まず、ガチホを推奨する理由として「短期売買はプロに勝ちにくい」事があげられます。

会社に所属してその資産で仮想通貨を売買する「プロ」の場合、まず第一に時間が取りやすいという点があります。

一般の利用者の場合、日中は普通に仕事をして仕事終わりなどに仮想通貨取引をしている人がほとんどだと思います。

しかしプロの場合、仮想通貨の売買それ自体が仕事であるため、みなさんが他の仕事をしているまさにその時にチャートを注視して適切なタイミングでの売買ができます

とはいえ「いや俺フリーランスで時間取れるしプロにも勝てんじゃね?」と思う人もいるかもしれません。

しかしプロの強みはもう一つあります。それは「資金力」です。

会社組織の一員として仮想通貨売買を行う場合、用いる資金は「会社のお金」ということになります。

もちろん会社の全資産を運用にあてることはできないですが、それにしても個人では比にならないほど莫大な資産を運用する事ができます。

そして、莫大な資産を運用できるということはすなわち同じ利回りでも得られる利益の「絶対額」が大きくなるということです。

例えばプロAと個人Bとで、同じく5%の運用利回りを叩き出したとしましょう。

これだけ聞くと「プロも個人も同じじゃんwww」と思うかもしれません。

しかし、この情報を追加したら話は変わってくるでしょう。

プロAの運用額:100億円
個人Bの運用額:100万円

この場合同じ利回りであってもプロAの場合100億×5%=5億円、個人Bの場合100万×5%=5万円と、得られる利益の絶対額が異なってきます。

つまり、短期売買をする「時間」を捻出したところで、個人の資金レベルでは得られる運用益はたかがしれているということです。

以上より、短期売買はお勧めできません。長期保有により、ここぞという時に売ることをお勧めします

 

理由2:Sweatcoin自体を活性化させれば値上がりし得る

 

以上より個人は基本的に長期保有がオススメであると述べました。

とはいえ、「仮想通貨なんていつ価値がゼロになるか分からないし不安だ」という人もいるかもしれません。

そんな人へのアドバイスとしては「より一層Sweatcoinアプリを利用しましょう!」ということになります。

より一層Sweatcoinアプリを利用すれば運営会社が儲かります。

運営会社が儲かれば、より魅力的なサービスの提供ができるようになり、そうした期待の高まりによってSWEATの価値が高まる可能性も高くなります。

そのため、SWEATで儲けたい場合、より一層Sweatcoinを利用して盛り上げるのが良いと考えられるのです。

 

理由3:売却益なんてたかが知れている

 

最後に「売却益なんてたかが知れている」ということをお伝えしたいと思います。

よほど最初期からSweatcoinアプリを利用し、例えばアマギフとの交換レート換算で億単位のSweatcoinを保有している人ならともかく、多くの人が保有しているSwetcoin残高は多くてもせいぜい数百万円かそこらでしょう。

正直、億単位ならともかく数百万円程度のお金であなたの人生が劇的に良くなる可能性は限りなく低いでしょう。

であるならば、ガチホ&より一層の利用で、数百万円が数億円に化ける可能性にかけてみる方が、あなたの人生をよりよくしてくれるでしょうし、何より面白いと考えられます。

短期的な売却益にとらわれず、SWEAT、そしてSweatcoinの未来にかけてみませんか?

歩くだけでポイントが貯まる無料のお小遣いアプリ
東証一部上場のGMOグループが運営する、クレジットカード作成やネットショッピングでポイントをゲットできるポイントサイトポイントタウンのスマホアプリには「ポ数計」という「歩数に応じてポイントを付与」する機能があります!


多種多様なサービスでポイントが貯まる!





交換先は30種類以上!







その他にも歩いてポイントが貯まるアプリを知りたい人は以下の記事を!




参考歩いてお金を稼ぐアプリランキング!無料・安全のおすすめ2022年

続きを見る

ビットコインを無料でゲットしたいなら以下の記事を!




参考ビットコイン等仮想通貨を無料配布しているアプリ・サイト一覧

続きを見る






歩数を裏技的に増やしたいならスマホスインガーを使おう!

-Move to Earn, Sweatcoin