Move to Earn Sweatcoin

Move to Earnのおすすめアプリ・ゲーム一覧!仮想通貨!

 

話題の動いて稼ぐNFTゲーム「Move to Earn」について、「どうやるのかわからない」「本当に稼げるの?」と疑問に思って始めたくても始められない人は多いのではないでしょうか。

この記事を読むと、Move to Earnがどのようなゲームか理解でき、今すぐに始められるようになります。

ぜひ最後までお読みください。

 

Move to Earnとは?仕組みを解説

 

Move to EarnのNFTゲームとは、歩いたり走ったりするなど、毎日運動して稼ぐゲームです。

健康のためにウォーキングやジョギングをしたり、通勤通学で歩いたり、そのような毎日のちょっとした時間を「稼ぐ」時間に変えられるのが、Move to Earnの大きなメリットです。

プレイするには基本的に有料のNFTスニーカーの購入が必要になりますが、Move to Earnのなかには初期費用がかからず、無料で始められるものも存在します。

つまり、広い意味でのMove to Earnには、「Sweatcoin」のようにNFTスニーカーを購入しなくても、「歩いた歩数に応じて仮想通貨をゲットできる」という、だれでも気軽に始められるものもあるのです。

今回の記事では、そんなMove to Earnアプリを、無料のものと有料のものに分けて、それぞれ紹介していきます。

 

無料のMove to Earnアプリおすすめ一覧

 

Move to Earnのアプリには初期費用が無料のものと有料のものがありますが、初心者は無料のものからプレイするのがおすすめです。

無料であればだれでも気軽に始められますし、プレイしたゲームが自分に合わないと思ったら、違うゲームに切り替えやすいからです。

稼ぐという点からいえばある程度の初期費用がかかるゲームの方が効率はいいのが実態です。

とはいえ、Move to Earnがどのようなゲームか実際に体験するためにも、まずは無料のものが良いでしょう。

もちろん、無料で取り組んで、慣れてきたら有料のものにも取り組んでみても良いかもしれません。

ここでは初期費用無料のMove to Earnアプリを5つ紹介します。

 

ビットウォーク

引用 ビットウォーク

 

ビットウォークは歩数によって貯まったスタンプをビットコインに交換できるアプリです。

歩くだけで無料でビットコインを獲得できるのが特徴です。

ただし、2022年8月時点でAndroid用にはまだリリースされておらず、プレイできるのはiOSのみとなっています。

交換方法は2パターンあり、ひとつはそのままビットコインをゲット、もうひとつは動画広告を視聴することにより5倍のビットコインを稼ぐことが可能です。

ビットコインの価格予想イベントもあり、毎朝6時にビットコインが上がっているか下がっているかを予想します。

どちらの結果でもビットコインを獲得できますが、正解した場合、得られるビットコインは2倍です。

獲得時に出てくる動画広告を視聴するとさらに2倍になります。

 

ステラウォーク

引用 ステラウォーク

 

ステラウォークは、歩くことで「ジェム」を貯めて、仮想通貨「ステラルーメン」と交換できるアプリです。

iPhone内のヘルスケアアプリと連動することにより歩数がカウントされ、1,500歩、3,000歩、5,000歩、8,000歩ごとに「カプセル」をゲットできます。

カプセル内にはジェムが入っており、ジェムを毎日貯めて、貯まったらステラルーメンと交換する仕組みです。

カプセルを開けるときはそのまま獲得するか、広告を視聴して5倍獲得するかのどちらかを選べます。

獲得したカプセルの有効期限は当日限りとなっていますので、必ず当日中にカプセルを開封し、ジェムを獲得するようにしてください。

貯めたジェムは月初の3日間に交換の申請ができ、ジェムをステラルーメンに交換できます。

 

Sweatcoin(スウェットコイン)

引用 Sweatcoin

 

Sweatcoinアプリでは歩数によってSweatcoinを獲得できます。

獲得したSweatcoinは賞品と交換したり、いくつもある慈善団体に寄附したりすることが可能です。

日本やアメリカを始め、世界30カ国以上で提供されているアプリであり、iOSとAndroidの両方に対応しています。

ユーザーの満足度も高く、20カ国で健康系アプリでダウンロード数でトップになるなど、注目度が高いアプリです。

SWEATは2022年8月までどこの仮想通貨取引所にも上場しておらず、価格がついていませんでしたが、9月13日よりOKX、FTX Global、KuCoin、Bitfinex、Bybitの5取引所で取り扱いが開始されました。

 

Aglet(アグレット)

引用 Aglet

 

AgletはアプリをダウンロードしたときにNFTスニーカーが無料でゲットできるのが特徴です。

そのため初期費用がかかりませんので、リスクなく始めることができます。

Agletではアディダスやアシックス、ニューバランスなどの有名なスニーカーブランドのシューズも取り扱っているため、非常に注目されています。

他のアプリと違い、有名スニーカーブランドと提携していることで、Move to Earnとして稼ぐことはもちろんのこと、スニーカーそのものにも興味を持って参入するユーザーが増えてくることが期待できるでしょう。

Agletは1,000歩、2,500歩、5,000歩ごとに新しいスニーカーを獲得でき、スニーカーによって稼ぎやすさが変わってきます。

そのため、新しいスニーカーを手に入れたら、履き替えるのがポイントです。

 

Genopets(ジェノペッツ)

引用 Genopets

GenopetsはNFT化されたデジタルペットを育てて、プレイヤーが歩くことにより稼げるMove to Earnアプリです。

Play to EarnとMove to Earnが融合しているのが特徴の、新しいタイプのゲームです。

中心となる遊び方はジェノペットの育成で、アカウントを登録したときに1体が無料でもらえます。

ユーザーは歩くことで経験値が貯まり、ジェノペットをレベルアップさせていきます。

強化したジェノペットはNFTマーケットプレイスで売却して利益を得ることも可能です。

現在稼働しているのはベータ版で、正式リリースは未定ですが、サッカーの元日本代表の本田圭祐氏からの出資を受けているなど、将来性が非常に期待されています。

 

有料のMove to Earnアプリおすすめ一覧

 

Move to Earnのアプリで初期投資がかかる有料ものは、始めに費用がかかるという参入障壁があることなどもあり、無料のものよりも効率的に稼ぐことができる、単価が高い場合が多いのが特徴です。

初心者はまず無料のものから始めるのがおすすめですが、慣れてきたら有料のものを検討してみるのもいいでしょう。

ここからは初期投資がかかる、有料のMove to Earnアプリを紹介します。

 

STEPN(ステップン)

引用 stepn

 

STEPNはNFTスニーカーを入手し、移動で歩いたり走ったりすることで仮想通貨を獲得できるゲームです。

STEPNはSolanaブロックチェーン上でつくられているため、NFTスニーカーの購入には仮想通貨「Solana」が必要となります。

STEPNのアプリ上でNFTスニーカーを装備し、移動することで仮想通貨「GST」や「GMT」が入手できます。

STEPNは2022年に入ってから人気が爆発したため、NFTスニーカーの価格も数十万円から数百万円するものまで、かなり高騰しました。

しかし人気がある程度落ち着いてきてからはNFTスニーカーの価格は下落し、現在は数万円程度で気軽に買えるものが多くなってきています。

 

STEP WATCH(ステップウォッチ)

引用 step watch

 

STEP WATCHは韓国で生まれたMove to Earnのゲームで、2022年初めに開発がスタートしたあと、ユーザー数を急激に伸ばしています。

多くのMove to EarnゲームはNFTスニーカーが中心であるのに対して、STEP WATCHは腕時計NFTを入手し、運動する距離に応じて稼げるのが特徴です。

腕時計NFTはSTEP WATCH内のマーケットプレイスで購入できます。

より多くの報酬を稼ぐ基本的な方法は、できるだけレアな腕時計NFTを入手して、長い距離を短いクールダウン時間で運動することです。

複数人でグループをつくって運動する「チームモード」や、特定の条件をクリアすることで追加のトークンを報酬として得られる「ミッションモード」があります。

稼げるトークンは「SWP」と「SWE」の2種類です。

 

Dustland(ダストランド)

引用 dustland

 

Dustlandは荒廃した架空の世界「ダストランド」を舞台とする、オーディオフィットネスブロックチェーンゲームで、ミッションをクリアするために運動して稼ぐのがメインとなります。

基本的に1日1回、運動することで報酬を得られる仕組みで、ストーリー性があるのでゲームとしても楽しめるのが特徴です。

Dustlandで使用するNFTアイテムを購入するために「DOSEトークン」が必要になります。

初期費用は必要なものの、他のMove to Earnアプリよりは比較的低めになっていますので、気軽に始めやすいといえます。

オーディオフィットネスという、リアルなフィットネスジムとも相性がいいことから、「GOLD GYM」や「GYM AESTHETICS」などの有名なフィットネス企業と提携しており、今後の成長も期待できるでしょう。

 

iStep(アイステップ)

引用 iSTEP

 

iStepは歩いたり走ったりするほか、サイクリングなどでも稼げるMove to Earnアプリです。

手数料が安くて処理速度の速いバイナンススマートチェーンを使用してつくられています。

iStepではNFTスニーカーを売買することが多いため、コストが低く処理速度の速いバイナンススマートチェーンの活用は、ユーザーの利便性を高めています。

iStepでは5種類のNFTスニーカーのなかから、自分がプレイしやすいスピードのものを購入します。

稼ぐためには毎日プレイすることが必要ですので、自分の最適な速度のスニーカーを選ぶようにしましょう。

NFTスニーカーはアプリ内のマーケットプレイスのほか、OpenSeaでも売買が可能です。

 

⑤RunBlox(ランブロックス)

引用 RunBlox

RunBloxは2022年5月にベータ版が公開された、比較的新しいMove to Earnアプリです。

最初にNFTスニーカーを入手し、歩いたり走ったりすることでスピード・距離と連動し、仮想通貨を稼ぐことができます。

独自トークン「RUX」を稼げる枚数は、保有しているNFTシューズのレベルとClassで決まってきます。

より多く、早く稼ぎたい場合は「Fireクラス」のシューズでレベルを高めると効率的ですが、相当な速さを求められますので、自分自身が果たして毎日運動を続けていけるのか見極めなければいけません。

RunBloxでの稼ぎ方はプレイする以外にもNFTシューズを取引したり、RUXの流動性プールに預け入れて、年率に応じた利益を得る方法もあります。

なお、RUNBLOXに関する詳細は別記事にまとめてあります。

詳しくは以下の記事RUNBLOX(ランブロックス)とは?始め方・攻略法・換金方法など解説をご覧ください。

参考RUNBLOX(ランブロックス)とは?始め方・攻略法・換金方法など解説

続きを見る

歩くだけでポイントが貯まる無料のお小遣いアプリ
東証一部上場のGMOグループが運営する、クレジットカード作成やネットショッピングでポイントをゲットできるポイントサイトポイントタウンのスマホアプリには「ポ数計」という「歩数に応じてポイントを付与」する機能があります!


多種多様なサービスでポイントが貯まる!





交換先は30種類以上!







その他にも歩いてポイントが貯まるアプリを知りたい人は以下の記事を!




参考歩いてお金を稼ぐアプリランキング!無料・安全のおすすめ2022年

続きを見る

ビットコインを無料でゲットしたいなら以下の記事を!




参考ビットコイン等仮想通貨を無料配布しているアプリ・サイト一覧

続きを見る






歩数を裏技的に増やしたいならスマホスインガーを使おう!

-Move to Earn, Sweatcoin