Coke ON 歩いて稼ぐ

コークオンでのd払いのやり方・支払い方法解説!残高払いできない?

引用 ドコモ

 

Coke ON Payは、Coke ON対応のキャッシュレス決済サービスです。

ただ、名前から誤解されやすいのですが、Coke ON Pay自体にチャージ機能は無く、その他の電子決済サービス(PayPayや楽天Payなど)と連携して使用します。

Coke ON Payを利用するメリットとしては以下の3点

  • ポイントの2重取りが可能
  • 普段使いの決済サービスが利用できる
  • 現金がなくてもドリンクを購入できる

Coke ONを経由してドリンクを購入する毎に、スタンプ1つを獲得できるだけでなく、PayPayや楽天Payと連携し、Coke ON Payとして利用することで、それらのポイント還元も受けることができます。

また、普段利用している決済サービスをそのまま利用することができるという点も、新たに決済方法の設定を行う必要が無いということもメリットといえます。

最近駅構内を中心にSuica対応キャッシュレス対応の自販機が増えてきていますが、Coke Onではその他のキャッシュレス決済の利用が可能となることで、キャッシュレス文化が益々発展していくのではないかと考えています。

 

Coke ON Pay(コークオンペイ)とは?

引用 コークオン

 

 

Coke ON Payは、Coke ON対応のキャッシュレス決済サービスです。

ただ、名前から誤解されやすいのですが、Coke ON Pay自体にチャージ機能は無く、その他の電子決済サービス(PayPayや楽天Payなど)と連携して使用します。

Coke ON Payを利用するメリットとしては以下の3点

  • ポイントの2重取りが可能
  • 普段使いの決済サービスが利用できる
  • 現金がなくてもドリンクを購入できる

Coke ONを経由してドリンクを購入する毎に、スタンプ1つを獲得できるだけでなく、PayPayや楽天Payと連携し、Coke ON Payとして利用することで、それらのポイント還元も受けることができます。

また、普段利用している決済サービスをそのまま利用することができるという点も、新たに決済方法の設定を行う必要が無いということもメリットといえます。

最近駅構内を中心にSuica対応キャッシュレス対応の自販機が増えてきていますが、Coke Onではその他のキャッシュレス決済の利用が可能となることで、キャッシュレス文化が益々発展していくのではないかと考えています。

 

※関連記事:Coke ON Pay(コークオンペイ)の使い方などを完全解説!

参考Coke ON Pay(コークオンペイ)の使い方などを完全解説!

続きを見る

 

コークオンペイではd払い決済が可能です!

 

Coke On Payでは、さまざまなキャッシュレス決済に対応しています。

<対応している決済方法>

  • PayPay(ペイペイ)
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • 楽天Pay
  • au PAY
  • d払い
  • メルペイ
  • Apple Pay
  • 各種クレジットカード

今回はd払いについて詳しく解説していきます。

 

d払いとは?

 

d払いとはNTTが提供している電子決済サービスで、会員数は4,165万人

docomo回線のユーザーであれば、4桁のパスワードの入力だけ、そうでない場合でもdアカウントの登録を行えば、キャリアに関係なく誰でも利用ができます。

d払いでの決済方法が豊富で、各種支払い方法は以下の表で一覧にまとめておりますので参考にしてください。

支払方法 詳細説明
d払い残高からの支払い 銀行やコンビニからチャージをするプリペイド式支払い
dカードからの支払い dカード・dカードゴールドでのクレジットカード決済
dカード以外のクレカ支払い dカード以外のクレジットカード(※dポイント付与対象外)
※VISA、Master Card、American Express、JCBに対応
dポイントの利用 貯まったdポイントでの支払い
携帯料金との合算支払い 毎月の携帯料金に合算での支払い

 

d払いの利用で貯まるポイントは”dポイント”で、通常のお買い物で利用できるだけでなく、docomoユーザーであれば、携帯の利用料金にあてることもできるので、使い勝手が良いのが特徴です。

ただし、クレジットカードと連携する場合は、dカード・dカード ゴールドでなければdポイントの付与対象にならないのでご注意ください。

※連携したカード、例えば楽天カードで連携した場合は楽天ポイントは支払い金額に対して1%付与がされます。

 

コークオンペイでd払いをするメリットは?

 

Coke On Pay でd払いを利用するメリットは以下の4点。

  • 自販機の利用料金を携帯料金に繰り入れて支払うことができる
  • ポイントの二重取りができる
  • dポイントを使用してドリンクを購入できる
  • dポイントは誰でも利用ができる

docomoユーザーであれば、d払いで支払いをした金額を月々の携帯料金と合算することができます。

アプリ内の残高を気にする必要がないのも特徴です。

また、ポイントの二重取りが可能で、ドリンク購入時にコークオンのスタンプ、dポイントは200円につき1ポイントが貯まります。

もちろん貯まったdポイントは、ドリンク購入時にも利用できます。

尚、dポイントはdocomoユーザー以外でもdアカウントを登録すれば誰でも利用が可能です。

dヘルスケアなどのアプリを使えば無料でポイントを貯めることもできます。

 

コークオンペイでのd払いの使い方・やり方

 

こちらの章ではCoke On Pay の以下2点について解説します。

  • d払いの事前登録方法
  • d払いでのドリンク購入方法

 

コークオンペイでの事前設定方法

TOP画面左上のメニューバーをタップ

②”Coke On Pay 支払い設定”をタップ

③画面中央の”決済サービスを追加する”をタップ

 

⑤”d払い”をタップ

⑥”連携する”をタップ

⑦画面が遷移し、dアカウントIDを入力し

⑧dアカウントのパスワードを入力

⑨支払方法を選択する(今回はdカードを選択)

⑩dアカウントでの決済時の暗証番号を入力

⑪カード情報に誤りが無いか確認し”承認する”をタップ

⑫”連携完了しました”と出れば事前準備完了

Coke On Pay TOP画面に、d払いが表示されていれば連携は問題ありません。

細かく手順を解説してきましたが、大体5~10分ほどで簡単に連携できました。

 

コークオンペイでのd払いの支払い方法

 

次に実際にCoke On Payでd払いを利用していきましょう。

 

①Coke Onのマークがある自販機を探す

②見つけたらCoke Onアプリを開き、自販機に近づける

③画面が切り替わり、指示に従う

④ある程度近づけると自販機の情報の取得が開始される

⑤取得後、購入したいドリンクをタップ

⑥ドリンクを上にスワイプして購入完了

ドリンク下に支払方法が表示されているので”d払い”であることを確認してから購入をしましょう。

最初は本当に購入できるか不安でしたが、自販機に近づけるとCoke Onアプリが指示をしてくれるので、1分もかからず問題無く購入することができました。

 

コークオンでのd払いにてdポイントを使う方法

 

d払いでdポイントを使う方法を公式HPから引用して解説をしていきます。

まず、ポイントを利用するには、まずは以下のリンク先で利用設定を行う必要があり、下記の手順に沿って設定を行ってください。

①明細画面から”継続課金・履歴一覧・dポイントの利用設定”をタップ

②”dポイントをすべて利用する”を選択

③ポイント使用の設定は完了

※このポイント設定は、d払い全般の支払いに適用されますのでご注意ください。

④d払いのアプリを開く

⑤TOP画面右側のポイント利用をONにする

⑥後は手順の通りCoke On Payで購入するだけ!

 

dポイントを利用しない場合は、もう一度タップしてOFFにすれば勝手にポイントが利用される心配もないので、使い分けて上手く活用していきましょう。

 

コークオンでのd払いにて残高払いをする方法

 

d払いではdポイントの利用やカード引き落とし、携帯料金との合算のほかに、”残高払い”という支払方法があります。

こちらの章では、以下2点について解説をします。

  • d払いでの残高払いの設定方法
  • 残高払いの設定ができない原因

 

d払いでの残高払いの設定方法

①d払いを開き、右下のアカウントをタップ

②下の方にスクロールし”残高各種設定・解約”をタップ

※ここから画面が切り替わります。

③”d払い残高サービス・充当利用拒否”を設定している場合は解除申請を行う

※通常はは拒否しないに設定されています。

④口座情報の登録が無ければ設定

これでd払いでの残高支払いは可能となります。

 

d払い 残高払いの設定ができない原因

 

残高払いは、銀行やコンビニなどから事前にd払い内にチャージすることで利用ができますが、残高払いの設定ができない場合があります。

d払いの残高払い設定の利用対象外になる方は以下の通り。

  • 契約名義が法人の場合
  • ドコモ回線をご契約のお客様でspモードを契約している
  • 料金プラン「ahamo」をご利用していない場合
  • 「d払い残高サービス拒否」設定の申し出があった場合
  • 「d払い残高充当利用拒否」設定の申し出があった場合
  • 「d払い残高」の利用規約および注意事項に同意していない場合
  • ご利用しようとしている金額が、d払いの残高を超えている場合

※参考:d払い公式HP

d払いの残高払いは、個人名義でのdocomo回線契約者、dアカウントのどちらかがあれば利用可能ですが、どうしても残高払いの利用ができない場合は上記を疑ってみてください。

最近では副業活動も活発化し、個人事業として法人を立ち上げ、経費の一環で携帯を契約する方も増えているので、法人契約で契約をしている場合は残高払いの利用は出来ません。

また、多いのが利用可能上限を超えている場合です。

  • ネット決済であれば、1円~100万円
  • バーコード決済は、d払い残高の範囲内
  • d払い残高の受入限度額は100万円まで

おおよそ100万円以上の買い物をした場合は、利用が出来ないので注意してください。

-Coke ON, 歩いて稼ぐ